地方で見つかる薬剤師の講師求人

薬剤師講師求人TOP >> 条件別の求人 >> 地方

地方で見つかる薬剤師の講師求人

東京や大阪などの大都市に比べると、地方では薬剤師の講師求人がかなり減ってしまいます。もちろん、ある程度大きな地方都市であれば、薬剤師国家試験用の予備校や、薬科大向けの予備校はあるのですが、それほど規模が大きくなく、講師の数も少なめです。薬剤師の講師は離職率が低めで、他の業種に比べて長く働き続ける傾向が強いので、なかなか欠員が出ず求人が出にくいという特徴があります。一度就職することができれば、快適な環境で働き続けられるのですが、入社するまでが大変という状況なのです。

雇用条件は、エリアや運営企業によってまちまちです。もともと講師の収入は、300万円から800万円ほどと差が大きいのですが、地方部の場合はこの傾向がより濃く見られることになります。それで、自分の望む条件の求人が見つかるまで待ってから転職をしようと考える人も少なくありません。しかし、地方では絶対的に講師求人の数が少ないので、なかなか高収入を提示してくれる学校の募集を見つけるのは簡単ではありません。それで、最初は給料が少なくても経験を積んでいくことをメインに考え、実績を重ねていくのがベターでしょう。講師の仕事は、実績を残すことで収入が上がっていくものですので、高収入を目指して頑張っていく原動力とすることができるでしょう。

地方では、薬剤師の講師の中でも、美容師専門学校の募集の割合が高くなります。薬剤師国家試験や薬科大向けの予備校の数は少ないのですが、美容師専門学校はまんべんなくありますので、求人も比較的安定して存在しています。それで、種類にこだわらず講師の仕事をしたい、もしくはとりあえず講師としての経験を積みたいと思っているのであれば、美容師専門学校の求人をメインに探してみると良いでしょう。

基本的に、地方では講師の求人は4月の開講に合わせた募集が多くなります。そのため、中途採用の募集情報が出始めるのは、前年の秋から年末にかけてとなります。不定期の募集を見つけるのはなかなか難しいので、年度の変わり目の募集に注目すると良いでしょう。大きめの都市であれば、毎年のように募集情報が出ますが、まとまった数の求人とはならないので、どうしても競争が激しくなることになります。採用を勝ち取るために、入念に準備をして転職活動を行うようにしましょう。人柄やコミュニケーション能力などが重視されることが多いので、面接対策をしっかりとすることが重要です。

薬剤師講師の求人も豊富!転職エージェントンキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2018 薬剤師講師求人.com【※少し変わった薬剤師の仕事】 All Rights Reserved.