薬剤師の講師の離職率

薬剤師講師求人TOP >> 基礎知識 >> 薬剤師の講師の離職率

薬剤師の講師の離職率

薬剤師の転職率は、他の業界に比べて高い傾向にあります。その理由としては、有資格者でないとできない業務がたくさんあるため、全体的に雇用条件が良く、より良い収入や福利厚生の制度を提示してくれるところがあれば、楽に転職ができるということが挙げられます。また、調剤薬局やドラッグストアなどは、全国にたくさんの店舗があるので、店によってかなり職場環境の差が大きいということも挙げられるでしょう。残業が多い、仕事量が多いなどの理由で業務がハードだと、より快適な職場環境が整っているところに転職することが多いのも自然な流れと言えるでしょう。

このように、薬剤師全体では離職率、転職率が高いという状況が見られますが、講師というジャンルで見ると、その傾向は変わります。他の業種に比べると、離職率はかなり低く、長年同じ職場に勤める人がかなり多くいます。その理由としては、やはり働きやすい職場環境が整っているということが考えられます。決まった授業を担当すれば後はそれほど多くの業務がないので、就業時間が安定しているというメリットがあります。また、決まった曜日に休みを取れるので、プライベートの時間と仕事を分けやすいというのも魅力でしょう。さらには、体力的にも負担が少ないので、楽に毎日の仕事を進めていけるというのも大きなメリットとなっています。

こうした理由から、薬剤師の講師としての全体的な傾向は、離職率が低く長く働き続けられるという状況が見られます。しかし、この状況は地域や学校によっても異なります。経営規模の小さな学校などは、どうしても年収が低くなる傾向がありますし、少ない人数で運営していますので、一人一人の講師が行う仕事が多くなってしまいます。特に、国家試験が近づくと、個別の試験対策や面談などのためにかなりの時間を使うことを余儀なくされます。残業が続くこともありますし、家に仕事を持ち帰らなければならないケースも出てきます。

また、学校によっては厳しいノルマが設定され、それを達成しないと雇用条件の見直しがされるということもあります。精神的にも負担となりますし、万が一ノルマを達成できないと、収入などにも響いてくる可能性もあります。こうした学校では、長年働き続けることが難しいと感じる人も多くなるため、若干離職率が高くなる傾向があります。快適な環境でずっと長く働き続けるためには、事前に細かな点まで情報を集めて理想的な転職先を見つけることが重要なのです。

薬剤師講師の求人も豊富!転職エージェントンキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2018 薬剤師講師求人.com【※少し変わった薬剤師の仕事】 All Rights Reserved.