薬剤師の講師の採用基準

薬剤師講師求人TOP >> 基礎知識 >> 薬剤師の講師の採用基準

薬剤師の講師の採用基準

薬剤師の仕事の中でも、講師の仕事は少し特殊なジャンルとなります。薬学についての知識に加えて、いかに上手に教えられるかという能力が求められるからです。それで、採用を行う予備校でも、学歴が高いことや深い知識を持っているということよりも、難しい薬学を分かりやすく教えられる人を求めています。それを客観的に判断することは難しいので、今まで講師として働いてきてどれだけの実績を残してきたかということを重視します。講師経験が何年間あるか、どの予備校で教えてきたかなどを細かく尋ねるのはそのためです。より実務経験年数が長い方が有利となりますし、応募条件の中にその年数についての項目を加えているところもあります。

また、コミュニケーション能力が高く、生徒とすぐに打ち解けられるという資質を持っていることも、重要な採用基準となります。ほとんどの予備校では、全体を相手とするクラスの他に、生徒一人一人に合わせた試験対策を行っています。そのためには、生徒のことを良く知る必要がありますし、生徒から信頼される講師となる必要もあります。こうした資質は講師として欠かせないものですので、学校側でもしっかりと見ます。

さらに、全体的に薬剤師の講師は若手が求められるという傾向があります。もちろん、年齢制限などはさほど厳しくありませんし、絶対的な採用条件というわけではありません。しかし、生徒の大部分が若いということもあり、年齢の近い講師を求めるケースが多いのです。また、毎年薬剤師の国家試験の内容は変わりますし、新しい法令や基準などが出る度に、試験問題の中に組み込まれます。それで、講師は常に最新情報を取りいれるために勉強を続ける必要があります。こうした勉強熱心な態度や、向上心があることなども重要な採用基準となります。

このように、薬剤師の講師の採用基準は、目に見える資格や学歴というよりも、人に教えるための資質や態度が重要視されていることが分かります。競争が激しくなりがちな講師の転職を成功させるためには、面接対策をしっかりとするなど、入念な準備が欠かせません。面接の時に人事担当者に与える印象次第で、かなり採用の可能性が変わってきますので、時間をかけてじっくりと準備をするに越したことはないでしょう。また、今までに講師として働いてきた経験があるのであれば、そのことをしっかりとアピールできるように、内容をまとめておくことも忘れないようにしましょう。

薬剤師講師の求人も豊富!転職エージェントンキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2018 薬剤師講師求人.com【※少し変わった薬剤師の仕事】 All Rights Reserved.