薬剤師の講師の年収相場

薬剤師講師求人TOP >> 基礎知識 >> 薬剤師の講師の年収相場

薬剤師の講師の年収相場

薬剤師が行う仕事は、資格がないとできない独占業務が多いため、報酬が高いという傾向が全般的に見られます。そのため、どの業種においても薬剤師の年収は総じて高く、平均収入は500万円以上というケースがほとんどです。この傾向は薬剤師の講師においても同じとなっています。一般的な塾や予備校における講師の年収よりも、薬剤師の年収の方が高くなっています。平均的なケースでは、500万円ほどが相場と言えるでしょう。

もちろん、この薬剤師の講師の年収相場は、学校や経験年数などによってかなり異なってきます。経営規模が小さい学校で、未経験からスタートするとなると、300万円くらいからのスタートとなるでしょう。一方で、何年も講師業を務めていて、生徒の合格率が高いなど高い評価を受けているケースでは、その評価が収入にも反映されることになります。高収入を得ている人の中には、800万円を超える人もいて、実績によってはしっかりとした収入を得られるということを示しています。

年収の相場は地域によっても異なりますので、自分が住んでいるエリアでどのくらいの年収が提示されているかを確認してみると良いでしょう。首都圏など、薬科大や薬剤師の国家試験を受ける人が多いところでは、全体的に年収が高い傾向にあります。初任給でも400万円を超える条件を提示しているケースも珍しくなく、しっかりと稼ぎたいという人にもぴったりの求人と言えるでしょう。また、受け持つコマ数も多くなりますので、基本給にプラスされる手当なども多くなり、頑張り次第でより高い収入を見込めるのが魅力と言えるでしょう。

薬剤師の講師には、薬剤師国家試験対策の予備校や薬科大の予備校の他に、美容師専門学校での講師という仕事もあります。どちらもそれぞれの実績次第で年収が大きく変わってきますが、一般的には美容師専門学校よりも薬剤師向けの予備校の方が収入が高い傾向にあります。その分、ある程度のノルマが課せられるなど、条件が厳しくなるという現実もあります。どちらが自分に向いているかをしっかりと確認して、やりがいを持ちつつ仕事を続けられるような仕事を探すようにしましょう。また、高い年収を提示している学校の求人にはたくさんの応募者が集まりますので、競争率が高くなります。確実に採用を勝ち取れるように、じっくりと転職活動を行う必要がありますので、時間を取り分けて面接対策などに力を入れるようにしましょう。

薬剤師講師の求人も豊富!転職エージェントンキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2018 薬剤師講師求人.com【※少し変わった薬剤師の仕事】 All Rights Reserved.