薬剤師の講師になるデメリット

薬剤師講師求人TOP >> 基礎知識 >> 薬剤師の講師になるデメリット

薬剤師の講師になるデメリット

薬剤師の講師という仕事にはたくさんのメリットがありますが、デメリットもあります。それぞれの面を押さえた上で、自分に合った仕事かどうかを見極めて転職を決めるようにしましょう。講師として働くことに伴うデメリットの大きなものとしては、他の業種に転職しづらいということが挙げられます。講師の仕事は、薬剤師の業務としては特殊な部類に入りますので、長年講師として働き続けたとしても、他の業務には役立たせづらいという難点があります。もちろん、薬学や法令に関する知識は幅と深さにおいてかなりのものとなりますが、調剤などの実務的なスキルを身に着けることはできないからです。それで、講師として働いている人の多くは、ずっとこの仕事を続けることになります。もちろん、いろいろな事情で他の業種に移る必要が生じることもありますが、その際にはある程度低い条件で転職することを余儀なくされるでしょう。

もう一つのデメリットとしては、場合によっては年収が低くなる可能性があるということです。薬剤師全体の平均年収は500万円超ですが、講師の場合は300万円から600万円ほどまでかなりの幅があります。能力があり実績を残している人であれば、高収入を得られることが多いのですが、始めて間もない人やなかなか実績を出せない人など、経営規模の小さな学校に勤めている人などは、年収が低くなってしまうというデメリットもあります。それで、年収が低いと感じているのであれば、自分の持っている経験年数と実績を客観的に見て、より良い条件を提示してくれるところがないかを探すことも重要です。

また、時期によっては仕事が多くなり、残業が出てくるというのもデメリットとなりえます。薬剤師の国家試験が近づいたり、薬科大の試験が近づくと、生徒それぞれに合わせて試験対策をしてあげたり、面談を行ったりする必要があります。また、模擬試験の回数も増えますので、採点や問題作成などの業務も増えます。それで、試験が近くなると、普段の仕事の数倍の仕事をしなければならないという事態が生じます。この時期は毎日残業が出たり、仕事を自宅に持ち帰って行わなければならないというケースも生じます。もちろん、試験に関係のない他の時期は、規則的な就業時間で仕事ができることが多いので、試験時期だけのデメリットと言えるでしょう。このように、薬剤師の講師の仕事には、いくつかのデメリットがありますので、自分に向いているかどうかを考えてみると良いでしょう。

薬剤師講師の求人も豊富!転職エージェントンキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2018 薬剤師講師求人.com【※少し変わった薬剤師の仕事】 All Rights Reserved.